飛散防止(紫外線カット)フィルムを施工しました

埼玉県深谷市のマンションで、紫外線カットのために飛散防止フィルムを施工させて頂きました。

本日はどんより曇り空です。

このような天候でも紫外線は照射されています。

今回は、フロートガラス部分にGLAFILの飛散防止フィルム「SN50」を、型板ガラスには同じくGLAFILの「SN50U」を施工させて頂きました。

「172」窓を開けた状態での紫外線量
「110」ちょっとわかりづらいですが、窓を閉めた状態での紫外線量です(フィルム施工前)
フィルム施工後:透明ガラスにはGLAFIL/SN50、型板ガラスにはGLAFIL/SN50Uを施工しました
「0」施工後:厳密には99パーセントのカットなので、毎回0になるわけではありません。

窓ガラスフィルムには、紫外線をカットする素材が含まれています。

もう少し正確にいうと、フィルムの接着用のノリに紫外線をカットする素材が含まれているということになります。

ですので、基本的にはどのメーカー、どのフィルムをお選び頂いても、紫外線をカットすることができます。

それだけでもフィルムを窓ガラスに施工するメリットがあるということができると思います!

Follow me!