ガラスの飛散防止対策

これから台風の季節がやってきます。

この時期になると、大切なのはガラスの飛散防止対策を窓にしているかどうかになります。

とある記事によると、台風被害で多いのは、一戸建てがTVアンテナ(4割)、雨漏り(3割)、窓ガラス(2割)、ですが、集合住宅(マンション・アパート)では窓ガラスが大半(8割)を占めるとのことです。

窓ガラスの飛散防止対策は、非常に重要です。

通常の飛散防止フィルムだけでなく、強飛散防止フィルムや防犯フィルムももちろん飛散防止対策になりますし、

遮熱フィルムや目隠しフィルム(一部シートを除く)も飛散防止になります。

おうちの災害対策をはじめましょう!

Follow me!

前の記事

防犯(貫通防止)フィルム

次の記事

目隠し効果フィルム